2015年12月12日

COP21のパリ合意

パリで開かれていた地球温暖化対策会議で、参加国が
合意に至りました。

一時は先進国と途上国との対立もありましたが、摂氏
1.5度を下げる目標で合意を見ました。



しかし、この目標がいかに困難なものなのかといえば、
イギリスの産業革命以前と比べると摂氏1度しか上昇し
ていないからです。

つまり、人類がすべての化石燃料使用をやめたとして
もまだ届かない目標値なわけでして、現実的ではない
気がします。

ただし、これまでは二酸化炭素の排出量での論議だっ
たものが、具体的な温度での目標に切り替えた点では
評価できるのではないかと思います。

なぜなら、二酸化炭素の量と地球の気温とは必ずしも
比例していたわけではなく、20世紀初頭のほうが今よ
りも濃度が高かったからなのです。



そして、二酸化炭素の排出量を商売として考える一部
の国には釘を刺した合意となった点にも評価はできま
すね。

とはいえ、人間による人工的な二酸化炭素の排出が地
球温暖化の主原因なのかといえば、まだまだ懐疑的な
要素があることも確かでしょう。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html


ラベル:COP21
posted by 子竜 螢 at 23:57| Comment(0) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。