2015年12月16日

夫婦別姓と再婚禁止期間

最高裁の大法廷は、夫婦別姓と女性の再婚禁止期間
について、それぞれの判断を下しました。

現行の、夫婦どちらかの姓を婚姻時に選択する制度
は合憲。再婚禁止期間を設けていることについては
違憲としました。



女性の再婚禁止期間については、現代ではDNA鑑
定の精度も向上したので、必要なくなったからとも
いえます。

微妙なのは、もしも国会が夫婦別姓を認める民法に
改正した場合ですね。

これが合憲なのか違憲なのか、よくわからない最高
裁の判断でした。つまり、夫婦別姓を求める原告の
訴え方が曖昧だったと思います。

かといって、架空の法律を持ち出して訴えても、判
断すべき立場にないと却下されるでしょうから、こ
れで夫婦別姓への移行は当分なくなったといえるで
しょう。



しかし、現在の婚姻制度そのものも問われている時
代ですので、今後どうなるかはわかりません。

多夫多妻制度とか事実婚制度など、男女間のことは
本能にかかわることだけに、法律で縛るのには限界
が見えてきたのかもしれません。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:最高裁
posted by 子竜 螢 at 23:17| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。