2016年01月19日

SMAP騒動にみる日本社会の構図

フジテレビの番組「スマスマ」で、五人が揃ってファン
にお詫びをした姿が目に焼きつきました。

予想されていた結末とはいえ、これで終わりではない気
がしているのは、子竜だけでしょうか。

本当に謝罪すべきは、社内のゴタゴタを起こした事務所
の社長ではないでしょうか。



最近、テレビの電源を入れたなら、映っているのはジャ
ニーズ・AKB・エグザイル・吉本ばかり。

弱小芸能事務所のタレントを使うと大手からクレームが
入って有名タレントを出せなくなるから、テレビ局は独
力でタレントを育てることをしなくなりました。

SMAPは独立してもファンが後押ししてくれる最初の
例になり得たと思うので、いささか残念な結末です。

テレビがますます面白くなくなる、そういう残念さです。



芸能事務所というのは、日本社会の古き体質をもっとも
長く強く持ち続けているようですね。

プロ野球のようなフリーエージェント制もなく、角界の
ように独立して部屋を立ち上げようものなら、前述のよ
うに力づくで潰されてしまいます。

テレビ局が芸能事務所の圧力に屈せず、人気タレントを
積極的に支援する姿勢を示していたなら、今回の騒動は
違う結末を迎えたことでしょう。

テレビ局は、芸能事務所との力関係を逆転させられる稀
有の機会を逃がしたのではないでしょうか。



また、世話になった上司が独立するとき、会社に残るか
上司についてゆくかという選択も、日本の社会ではあり
がちなことです。

でも、丸く収まったかに見えますが、禍根は残るでしょう。

独立に心が動いた四人と、最初から残留を決めていた一人
への扱いは、当然違ったものになるはずです。

契約が切れる9月に、独立を模索した四人が再契約できな
い事態もあり得るわけです。



諸外国では徹底的に争う場面でも、日本の社会ではとりあ
えず表面だけは繕っておく。

それが日本独特の社会構図なのですが、今回のSMAP騒
動では、あらためて感じさせられた次第です。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:SMAP
posted by 子竜 螢 at 12:48| Comment(0) | スポーツ芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。