2016年02月01日

喫煙シーンで成人指定?

WHO世界保健機構が、喫煙シーンのある映画を成人
指定とするよう要望を掲げました。

ジブリ作品での喫煙シーンが問題になったことは記憶
に新しいのですが、ちょっと度が過ぎているように思
います。



映画でもテレビドラマでもですが、最近の作品こそ喫
煙シーンがなくなったものの、過去の名作には山ほど
あります。

それを全部成人指定とするなんて、いくら何でも無茶
でしょう。

先には、日本の割安タバコ3銘柄に大幅な値上げを求め
てくるなど、世界保健機構の姿勢は首を傾げたくなりま
すね。

健康に害だというなら、各国にタバコの製造と販売の自
粛を求めるべきなのです。



ある調査では、貧困層ほど喫煙率が高いといいます。

しかし、喫煙がせめてもの娯楽であるという証拠でもあ
るのですから、自己責任の範疇でしょう。

まして、喫煙シーンにまで口出しする話ではありません。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:世界保健機構
posted by 子竜 螢 at 23:07| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。