2016年02月05日

民泊という違法ビジネス

東京オリンピックの開催が近づき、とくに首都圏では外国
人の宿泊先が確保しにくいことから、民泊がビジネスとし
てクローズアップされるようになりました。

空き家、もしくは集合住宅の空き部屋などを宿泊場所とし
て提供するものでして、有名観光地でも広がる気配があり
ます。



しかし、空き部屋を一時的に貸して副収入が得られるなん
て安易に考えますと、大変なことになります。

まず、不労所得じゃない点ですね。

布団シーツや枕カバーの交換に風呂とトイレの掃除。部屋
の掃除ももちろんですが、一回の利用ごとに鍵も交換しま
せんと、いくらでも合鍵が作れる時代ですからね。セキュ
リティ上の問題も発生します。

つまり、専業にしないとダメなほどに労力と時間が取られ
てしまいそうなのです。



でも、そんなことは序の口でして、都道府県から旅館業の
認可を受けませんと訴訟の対象になりますし、近隣からの
騒音などの苦情にも対処しなくてはなりません。

現在ある民泊のほとんどは認可を受けないままの違法操業
だといいますから、副収入どころかマイナスになる危険性
は大なのです。



最近では、認可を受けた業者が管理することで違法性から
は逃れられるようですが、管理費は当然高く、宿主よりも
管理会社のほうが儲かるシステムです。

悪質な管理会社ですと、賃貸物件を借りてまた貸しするこ
とを勧めてくるようですが、また貸しも違法行為ですので
注意しましょう。

楽して儲かる話には、充分な警戒が必要ですね。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html


ラベル:民泊
posted by 子竜 螢 at 20:56| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。