2016年05月05日

こどもの日

震災で避難生活中の子供さんたちにとって、ゴールデン
ウィークはさぞかし辛い期間かもしれません。

本当なら、家族で遊園地へ行ったり、各地のイベントに
参加したり、楽しく忙しく過ごしていたでしょうね。

でも、子供の頃に大きな災害を経験した人は、将来、不
屈の精神を発揮してくれるものと信じています。



日本では、

成人の日
こどもの日
母の日
父の日
敬老の日

という順で訪れるのですが、30代から50代の現役さん
たちの日はなぜかありません。

とくに未婚の人にとっては、ただの休日でしかないかも
しれません。

でも、勤労感謝の日というのがありますよね。それが
相当しているのではないかと考えましょう。



こどもの日にちなんだイベントが各地で盛んです。

ただ、少子化だからといって、子供を甘やかすだけの社会
ではいけないわけでして、こんな事例を思い出しました。

ある親子が電車に乗ったとき、空いている席はひとつだけ
でした。

親は自分が座り、子供を立たせます。周囲の人が子供に
席を譲ろうとしたとき、親が言いました。

「この子は半額なのですから、立たせておくのです」



この話に賛否両論はあるでしょう。

ただ、一人っ子政策で我が侭放題に育ち、自分のことしか
考えない人ばかりになりそうなどこかの国民のようには
なってほしくありませんよね。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:こどもの日
posted by 子竜 螢 at 19:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。