2016年05月10日

日豪の潜水艦共同開発

日本とオーストラリアが共同で潜水艦の開発を進め
る方向にあったのですが、オーストラリア政府は、
フランスの提案のほうへ傾いたようです。

潜水艦の共同開発の発端は、膨張傾向にある中国を
牽制する意味があったのですが、なぜ日本のプラン
がダメだったのでしょうか。



オーストラリアは、日本のほかにも、フランスとド
イツのプランを検討しておりました。

そして、最終的にはフランスのプランを採用するこ
とになったわけです。

多分、世界中の人が、えっ、と首をかしげる選択だ
と思いますね。

なぜなら、フランスの潜水艦技術というのは、日本
やドイツのように実戦で裏付けられたものではない
からです。



しかし、日本のプランが敗れた理由もよくわかります。

日本の潜水艦運用というのは、第二次世界大戦中から
ずっと、偵察任務と艦隊決戦の補助戦力なのです。

一方、ほとんどの国の潜水艦運用は通商破壊でして、
敵の補給路を断つために使われるのがほとんどでした。

このように、目的が違いますと仕様も当然違ってきま
す。航続距離と搭載兵器、水中速度など、何を犠牲に
して何を伸ばしたいのか、意見の食い違いが出てくる
わけですね。



まあ、オーストラリアは最近中国と親しくなりはじめ
ましたから、日本の潜水艦技術が中国に漏れる心配が
なくなってよかったとしましょうか。

日本の潜水艦技術は、世界一ですからね。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:潜水艦
posted by 子竜 螢 at 22:46| Comment(2) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正直、オーストラリアに売らなくて正解ですね。米国は原子力傾向のためにディーゼルは造られませんしね。
フランスは今のオーストラリアの事情を察知知っているのでしょうか?少なくともフランスの技術が中国に流れますでしょうが、韓国のような214型の悲惨な目にあう可能性もないとも言えませんが。
Posted by G.FUJINUMA at 2016年05月12日 17:35
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

まあ、最初から用兵思想が違うので共同開発は無理だろうと思っていました。

でも、中国の潜水艦用兵は日本と似ていますから、要注意ですね。
Posted by 子竜 螢 at 2016年05月12日 21:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。