2016年05月16日

女の子の頭

4月に発売された人気アイドルグループの楽曲歌詞が
ネット上で炎上いたしました。

HKT48の「アインシュタインよりディアナ・アグロン」
という曲の歌詞です。



「女の子の頭からっぽでいい」
「女の子は恋が仕事」
「学生時代はおバカでいい」
「どんなに勉強ができても、愛されなきゃ意味がない」
「何も知らなくても、メイク上手ならいい」

などなど、女性蔑視の歌詞ではないかと炎上したのです。

そして、AKB運営事務局に苦情を申し入れた人へ、反対
に名誉毀損と侮辱罪で法的手段に訴える、と通知が来た
そうです。



こういう歌がオリコン1位になるってことは、共感した
人が多かったということでもあります。

たしかに、中学生くらいまでは男の子よりも女の子のほ
うがよく勉強をして真面目なのですが、いつの頃からか
歌詞のほうへ向かっている。

あくまでも全体的な傾向ですけどね。



見栄えのいい女の子には男の子が寄ってくる。それは
たしかでしょう。中学生のある時期から同級生に嫉妬
したなどの経験がありますと、次第におバカへの道を
歩み始めるのでしょうか。

しかし、見栄えだけで女の子を選ぶ男の子の頭も、じ
つはおバカなのですけどね。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:HKT48
posted by 子竜 螢 at 10:06| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。