2016年05月22日

日本学術会議の軍事研究

日本で最大のアカデミックといえば、日本学術会議
ですね。多くの大学や科学者が加盟しています。

最近、その日本学術会議が軍事の研究を視野に入れ
た検討会を設置するといいます。



1950年、戦後5年に日本学術会議は、戦争目的の研
究を行なわない方針に決定しました。

もちろん、当時の情勢としては二度と戦争できるよ
うなものではなく、また、しようという国民もいな
かったでしょう。

しかし、現代は事情が違います。周辺に核やミサイ
ルの開発を積極的に進めている国があり、膨張こそ
国是としている国もあって、防衛に関する研究を怠
ることが許されなくなってきました。

実際にも、防衛省は各大学の研究機関に個別の研究
を依頼しております。



そこで、日本学術会議の会長の発言がきっかけで、
防衛の研究をしてもよいことにするかどうかの検討
会を設置することになったのです。

もちろん、攻撃ではなく防衛に関する研究ですから
憲法にも則ったものなのでしょう。

検討会は、どのような結論を出すのでしょうか。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:日本学術会議
posted by 子竜 螢 at 18:49| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。