2016年06月05日

沈下してゆく企業の特徴

今までにいろんな人から職場についての相談をされて
きました。会社への不満やら人間関係などですね。

その結果、これから沈下して倒産へと向かってゆく企
業の共通点がわかったのです。



社員の不満の中で、給与や休日といった労働条件以外
の面でもっとも大きな不満といえば、就業後の会議で
はないでしょうか。

早く帰りたいのに、娘の誕生日なのに、結婚記念日な
のに、容赦なく会議の開催を告げてくる経営者。ある
いは、職場や工場を統括している上司がいます。

そして、一方的に喋るだけなのに、会議時間が何時間
にも及びますと、まるで、立場を誇示するための会議
でしかなくなってしまいますよね。



そういう会社は、漏れなく倒産しています。

子竜が長くて不毛な会議の件で相談を受けた人の会社
の中で、今も続いているのは一社のみ。

その一社とて、赤字経営もいいところでして、強い親
会社があるから保っているのです。



そもそも、会議に何時間もかかるはずがないのです。

調査と資料作り、資料の読み込みと理解や分析に時間
を掛けるべきであって、会議では賛成か反対しかあり
ませんし、その場で調査もしていない資料もない代案
を提案する人がいるから長くなってしまいます。

そういう提案をする人が経営者か統括している上司で
すよね。

または、賛成者と反対者から理由を聞いて、バトルさ
せるからいたずらに長くなってしまうのです。



経営者と統括責任者は、賛否双方の意見を聞き、裁判
官のようにどちらかサッサと決めればいい。

会議なんて、どんな重要案件だろうと30分以内には終
われるもの。連日長い会議をやっている会社なんて、ほ
ぼ終わっているのではないでしょうか。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:会議
posted by 子竜 螢 at 21:14| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。