2016年06月08日

新入社員研修の意味

もう6月ですので、新入社員研修というものはどの企業
でもすでに終えていることでしょう。

しかしながら、それで成果が感じられたという話は聞い
たことがなくて、本当に必要なのだろうかと疑いたくな
りますね。



問題なのは、研修を受ける若者側ではなくて、研修を施
す経営者や人事担当者の目的意識のズレかと思います。

社風に合った人材を育てたいというのは理想であっても、
短期間に社風を理解できるはずはなく、まして職場に配
置されないと見えるものも見えません。



いや、自衛隊で訓練させるとか、禅寺にお世話になるな
んていう研修は、何を目的にしているのでしょうね。

精神修行でしょうか。

それなら、若手社員の失敗にも忍耐を示せるよう、管理
職がやるべき研修ですね。

いや、経費を浪費せずにじっと我慢できる経営者のため
の研修なのかもしれません。



新入社員研修でもっとも大切な目的は、学生気分を一掃
して社会人としての誇りを植えつけることです。

お金をもらう以上、その道のプロなのだという意識こそ
大切なのではないでしょうか。

だから、講師にふさわしいのは、プロフェッショナルな
人材です。どんな分野でもいい。プロの話が最高です。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:新入社員研修
posted by 子竜 螢 at 22:30| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。