2016年06月29日

どうなるTPP

アメリカの大統領候補トランプ氏が、TPPについて
否定的な意見を述べました。

一方、トランプ氏と最終的に争うと見られている民主
党のクリントン氏も以前から否定的な立場を明確にし
ており、先行きが怪しくなってまいりました。



共和党候補のドナルド・トランプ氏は、TPPはアメ
リカの輸入を増やすばかりで、国益に背くとしている。

ヒラリー・クリントン氏も同様で、利益を得るのは他
の加盟国ばかり、と最初から否定的なのです。



どちらが勝利してもTPPには加盟しないとすると、
歴史的な不達の事件が思い起こされます。

ひとつは、第一次世界大戦後の国際連盟で、アメリカ
が設立を提唱しておきながら、加盟を見送ったのです。

もうひとつは京都議定書で、温暖化対策や排出権の問
題などをもっとも声高に叫んでおきながら、ついに加
盟には至りませんでした。



いずれの場合でも、アメリカが対外政策よりも内政を
重視するほうに傾いていた時期でして、今後、オバマ
政権よりもさらに内向きへと転じるのでしょう。

陰で喜んでいるのは、中国とロシアかもしれません。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:TPP
posted by 子竜 螢 at 14:01| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そもそもTPPといえば、アメリカが声明を発表しながらも、結局のところは自国有利展開しようとしましたね。甘利元大臣が凄い姿勢で行い、本人の変わり様の凄まじさに呆然しました。とはいえ、TPPによるデメリット負荷は結局のところ日本押し付けも見え見えでしたし、本来は日本が数ヵ国による纏めでの横槍でもありました。
とはいえ、貿易摩擦における押し付け商品をこれ以上は受けずにすむかもしれません。
Posted by G.FUJINUMA at 2016年06月29日 21:33
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

アメリカが言い出しっぺなのに結局参加しなかった事例は、議事に述べたとおりです。

いやはや、次の大統領候補さんたちには参りました。
Posted by 子竜 螢 at 2016年06月30日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。