2016年07月02日

自動運転車は実用化できるのか

テスラ社の自動運転車が、テスト中にトレーラーと衝突
する事故が発生いたしました。

自動運転車では世界初の事故です。



テスト用のパイロットが乗っていたといいますが、事故
の瞬間はDVDを鑑賞中だったという。

パイロットが運転していれば、事故は防げた可能性があ
るという点で、自動運転車そのものの信頼性が問われる
事故でした。



仮に、技術がもっともっと進歩して、実際に販売される
段階にまでなったとき、それでもなお多くの問題をクリ
ヤーしませんと、実際の販売は難しいでしょうね。

第一に、保険会社が任意保険を受け付けてくれるのか、
という問題です。

おそらく、保険会社は契約を拒否するか、バカ高い保険
料になるでしょう。

第二に、パトカーや白バイ、それに街角に立っている警
察官からの停止指示にも従えるようにしてありませんと
道路交通法違反に問われてしまいます。

そんな技術の確立までは困難に思えますね。運転者が眠っ
ていて自動運転中ですと、停止は無理でしょう。



そして、最大の問題点は、万一事故が発生してしまった
場合に、誰の責任なのか、という点です。

車の所有者は当然メーカーの責任だと言うでしょうし、
メーカーは数少ない事故例に対する責任はないと言い張
るかもしれません。

そして、無免許者や飲酒運転なども許されるとするなら、
道路交通法も大幅に見直さなくてはなりません。

自動運転車の実現は、まだまだハードルが高そうですね。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 20:26| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。