2016年07月13日

南シナ海の仲裁判決

フィリピンがオランダのハーグにある国際仲裁裁判所
へ提訴した件で、12日に判決が下されました。

判決は中国の主張にある領海領有権は認めないという
ものでしたが、中国は判決に従う意思がないようです。



通常、仲裁裁判には両者の参加合意が必要で、中国は
あらかじめ不参加を申し出ていたので成立しないはず
なのですが、フィリピン側の作戦が当たったのです。

すなわち、スカボロー礁をはじめとする中国が軍事施
設を建設している場所が、島なのか岩なのかを問うた
のです。

これには両者の参加合意など必要なく、フィリピン側
からの提訴のみでも裁判は成立します。

そして、中国が主張していた革新的な利益と称する九
段線はことごとく岩と認定され、中国の主権が及ばな
いものとなりました。

この判決によって、ベトナム・ブルネイ・マレーシア
などの200海里以内にある場所はそれぞれの主権地域
となるのですが、問題は判決の効力です。



中国側は無視を決めておりますが、実際には国際法的
な強制力もあります。

いつまでも中国が施設を撤去しない場合には、安全保
障理事会に託されます。そこで具体的な制裁決議が行
なわれるのです。

常任理事国の中国が当事者ですので、中国には投票権
も拒否権もなくロシアの動きが決め手となるでしょう。

ともあれ、世界の各国が貿易制裁に動くかもしれず、
アメリカの動向も気になるところです。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:南シナ海
posted by 子竜 螢 at 22:56| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。