2016年07月19日

石田純一氏が立候補を断念した理由

都知事選挙が白熱しておりますが、石田純一候補が
直前になってから断念したり、宇都宮候補も立候補
を見送るなど、少し煮え切らない選挙になったと感
じています。

石田純一氏の場合、立候補すると数千万円の損害賠
償が請求されるはずだったそうで、この問題にも割
り切れないものを感じます。



テレビ局は、もしもタレントが立候補した場合、放
送の公平性から、候補者が出演するドラマやCMを流
せなくなるのです。

そのためにCMのスポンサー企業から多額の損害賠償
が請求されて、テレビ局からもドラマの再制作費用
などが請求されるのです。

仮に、当選した場合には、副業禁止の観点からも、
この問題は延長されて、賠償額は数億円に膨らむか
もしれません。



一見、立候補する権利を侵害されるような話ではあ
るのですが、企業やテレビ局には何の責任もない以
上、石田氏の個人負担にするしかありません。

この問題は、いわゆるタレント候補と呼ばれている
人に共通するものでして、立候補する権利とのから
みで、社会問題化するかもしれませんね。


YouTube子竜螢のスポーツ芸能チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCLV0TPyn-WmvyKiyn9fxN5g


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:タレント候補
posted by 子竜 螢 at 17:38| Comment(0) | 選挙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。