2016年09月15日

二重国籍

民進党の代表選挙が大きく揺らいでいますね。

有力候補の二重国籍問題が炎上しているからなのですが、
これはちょっと簡単には収まりそうにありません。



日本では、二重国籍が禁止されております。混血児の
場合、どちらかの親の国籍を選択することになります。

日本の国籍を放棄した場合には、当然ですが日本の国会
議員に立候補はできず、国籍の詐称は当選の取り消しや
刑事罰の対象にもなっています。



一方、台湾は国ではなくて中華人民共和国の一部である
との認識が国際的には一般論ですので、中国の法律にも
触れているかどうかの精査が必要になってきます。

中国の国籍に関する法律では、

他の国籍を取得した場合には自国の国籍を自動的に失う
とあります。

つまり、日本の国籍を取得した時点で台湾国籍は自動的
に消滅しているわけでして、日本国籍を取得したと中国
当局への届出を怠っていただけ、というのが正しいので
はないかと思われます。



まあ、なぜこんなことに目クジラを立てているのかわか
りませんが、タレント活動時代に台湾国籍を売り物にし
ていたからといって、騒ぐほどのことでしょうか。

なにしろ、芸能人にはハーフが多いし、年齢詐称なんて
当たり前なのですからね。

政治家の評価は、掲げている政策と実現力、そして結果
に対する責任の取り方ではないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:二重国籍
posted by 子竜 螢 at 10:07| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。