2016年10月08日

日弁連の死刑廃止宣言

日弁連が死刑廃止の宣言を選択しました。これは少し
驚いたとともに、呆れる思いを抱きましたね。

呆れた理由は主に三つあるのですが、弁護士さんの中
には宣言採択に反対した人もかなりいるようです。



呆れたひとつ目の理由は、死刑を廃止するというなら、
なぜ裁判員制度の開始に反対しなかったのでしょうか。

民間人が死刑判決を下さなくてはならないかもしれな
い制度に異を唱えることなく、独自で反対の採択とは
解せませんね。



ふたつめの理由は、法曹界でかなり影響力を持ってい
る日弁連は、法律の是非を語ってはならないと思うの
です。

立法は国会議員の仕事であって、判事・堅持・弁護士
という立場は、法律の是非を論じてはいけないと思い
ます。影響力が大きすぎるからです。



三つ目は、被害者遺族の側に立った考え方ではないと
いうこと。

弁護士って、犯罪を犯した人を弁護するだけじゃなく
て、被害者側の相談にも乗っていただかなくては、正
しい事件解決にはならないと思うのです。

しかるに、被害者側の感情を無視した宣言を採択した
というのは、いかにも加害者の味方というイメージで
しかありません。



死刑廃止論というのは、個人で抱いている限り尊重し
ますが、法曹界の重要組織が多数決で決めるべきこと
だったのでしょうか。

違うと思います。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 20:42| Comment(2) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
弁護士だからこそ、なんて言いそうですね。日常を思うのですが、被害者より加害者ばかり擁護することには本当に頭にきましたね。
騙されたほうが、虐められる側が悪いという悪い事を結局見逃している現状には許せない思いが有ります。
更には日弁連は日本の名を語った反日、強制搾取者の不届き連合ですからね。
欧米学べと語っていますが、死刑制度は以外と多いですし、代わりに最悪射殺なども出来ますから、おもいっきりブーメランですね。
Posted by G.FUJINUMA at 2016年10月08日 23:05
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

凶悪犯は警官が射殺してもいい。だから素直に自首したり投降する犯人には死刑判決が下されないのが欧米です。

なので、死刑廃止だけを語るのはおかしいですよね。
Posted by 子竜 螢 at 2016年10月09日 11:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。