2016年10月24日

土地活用は慎重に

マンションやアパートを経営している人を、何年か前
まではとても羨ましいと思っておりました。

毎月家賃収入があって、さほど働かずとも食べていけ
ると思っていたのです。



しかし、最近はどうも実情が厳しいようでして、空き
部屋率が高くなり、建築費用のローン返済がかなりの
負担になっているといいます。

空き部屋はどうしても発生します。同じ家賃なら、新
しい建物へ引越ししようとするのは当たり前ですし、
建物が年々古くなっていくのに、家賃はずっと同じな
のですからね。



しかも、不労所得に見えますが、それは人を雇ってメ
ンテナンスをしているだけで、本当は大家さんがする
仕事は山ほどあります。

階段や通路の掃除。ゴミ収集日の分別検査。騒音など
の苦情仲裁や滞納家賃の督促など、むしろ、他へ働き
に行けなくなってしまいそうですね。

それらの仕事をすべて管理会社に任せているから不労
所得に見えるだけでして、管理会社に支払う金額を差
し引きますと、トントンか赤字になるケースが多いよ
うです。

ある調査によりますと、全国の6割の賃貸物件が赤字
だそうですからね。



土地活用でもっとも効率的なのは、駐車場経営でしょう。

一般の車が出入りする駐車場ではなくて賃貸契約のもの
であれば、アスファルト以外の経費はかかりません。

まあ、節税対策のために、あえて赤字経営している人も
いなくはないですが。。。

それは、やっぱり羨ましい部類ですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 14:36| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。