2016年10月27日

北朝鮮が崩壊しない理由

中国の一党独裁政治や北朝鮮の独裁政権が崩壊するといわ
れてから、久しい年月が過ぎています。

明らかに破綻している部分が各所にみられるにもかかわら
ず、なぜこうした特異な体制が維持されているのでしょう
か。



話を北朝鮮に絞って考えてみましょう。

北朝鮮の実情は、いち暴動が起きてもおかしくあれません
し、軍事クーデターが起きても不思議ではありません。

しかし、過去には何度かあったものの、事前に情報が漏れ
て決起にすら至っていないのです。

なぜ特異な体制が守られているのかといえば、考えられる
ことは限られてきます。

それは、思考能力を奪ってしまうほどの恐怖政治が実施さ
れているからで、その一方では、他の体制のことをよく理
解できないほどに、情報の流入が統制されているからです。



言論の自由が保障され、情報が豊かな日本人からしますと
なぜ北朝鮮の人々が決起しないのか不思議に思うわけです
が、彼には他の体制のことを知りませんし、決起して今の
政権を倒せたとしても、その後にどのような体制にすれば
いいのか、モデルケースを知りません。

つまり、革命のリーダーだった者が次の体制では独裁者に
なる可能性が高く、ただ首を挿げ替えただけに終わってし
まう可能性が大きいでしょう。

脱北者が韓国なり他の国で暮らすようになってから真っ先
に驚くことは、国のトップが公正な選挙で選ばれているこ
とだといいます。



最近、北朝鮮でもスマホが普及して、外の世界に触れる若
者が増えてきたといいます。

また、違法な韓国ドラマの流入によって、自国の体制が異
常だということにも気づき始めているでしょう。

しかし、密告してでも自分だけは助かりたいという気持ち
がどこかにある限り、革命は成就しません。

まだまだ先は長そうです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 11:27| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。