2016年12月16日

戦艦大和の乗艦体験

戦艦大和をご存じでしょうか。

とはいっても、3年4ヶ月しか寿命がなかった巨大軍艦
でしたので、日本人のほとんどは現物を見たことがな
く、海軍軍人でも限られた人だけだったと思います。

我々が今日見られるのは、往年の写真とプラモデルく
らいだったのですが、なんとVR体験ができるように
なったといいます。

VRを開発したのは神田技研という会社で、クラウド
ふぁんでぃんぐの支援者向けに本日から配信されてい
るのです。



体験できるのは、46センチ主砲の内部や艦橋などで、
主砲の射撃訓練がプログラミングされているといいま
すから、これは凄い。

しかも、これは第一期の配信ということでして、第二
期やアップデートが予定されているらしいのです。



今日は戦艦大和が完成した日でもあります。

神田技研では、戦艦大和意外にも陽炎型駆逐艦の配信
もやるそうですし、対空射撃訓練も体感できるとのこ
とですので、マニアにとっては絶対に外せないVRに
なりそうですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 16:33| Comment(2) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それは是が非でも見たいです。靖国神社の資料館にある大和の砲撃音のような凄まじさを感じたいですね。
実は先々月に大和ミュージアムにも行きました。今後も大和に対するものが膨れ上がるのが楽しみです。
Posted by G.FUJINUMA at 2016年12月17日 00:27
G.FUJINUMAさん、コメントありがとうございます。

配信は第二期第三期と続くそうですので、相当な任期になりそうですね。
Posted by 子竜 螢 at 2016年12月17日 21:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。