2016年12月17日

成功なのか失敗なのか

安倍総理の故郷に舞台を移してまでの日ロ交渉でしたが、
評価が真っ二つに割れております。

北方領土の返還に関する交渉が少しも進まなかったこと
での失敗説と、平和条約締結に向けた前進として捉えた
成功説です。



でも、多くの日本人は、不可侵条約を破って不法占拠さ
れている北方領土が返還されない限り、平和条約の締結
はあり得ないと考えていることでしょう。

ならば、3000億円もの経済支援は何のためなのでしょう
かね。疑問が残ります。



3000億円の経済支援は、北方4島の共同開発に使われる
とのことですが、北方4島が今以上に発展しますと、ま
すます返還される可能性が低くなってしまいます。

また、ロシアのクリミア併合による経済制裁は西側の歩
調を合わせたものだったはずなのですから、単独で勝手
に支援の約束などしてもよかったのか、と思いますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 21:40| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだ始まったばかりなのだから何とも言えない現状ですからね。ただ、今住んでいるロシアの人々を、特に経済混迷しているロシアが無理に移動などをすれば暴動に発展しかねませんしね。彼等も今住んでいる人々にとっては故郷でもあるのですし、経済基盤も日本に引き渡った後をどうするかも問題ですしね。
ロシアとしてはもう一つの狙いとして欧州の関係修復も狙っているとも思えます。
Posted by G.FUJINUMA at 2016年12月18日 19:52
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

北方領土が返還される条件を想定してみても、ほぼ何も出てきませんね。

唯一可能性があるのは、ロシアが真の民主主義国家になったときではないでしょうか。
Posted by 子竜 螢 at 2016年12月18日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。