2017年01月25日

アパホテル問題とは

アパホテルの客室に、南京大虐殺を否定する書籍が置かれ
ていたことが、問題視されておりまね。

なぜ問題なのか、何が問題なのかよくわかりませんが、騒
ぐ人たちは何にでも目くじらを立てるのではなく、冷静に
考えてみてはいかがかと思います。



アパホテルというのは、あくまでも民間の企業でして、ホ
テルだらといって、公の建物ではありません。

当然、経営者の方針や個人的な思想があっていいのです。

嫌だと思った客は二度と利用しないでしょうから、そうい
うリスクも覚悟した上での経営者の行為でしょう。

事実、社長はコメントで、中国人の宿泊客は受け入れない
と申しておられます。なのに、何が問題なのでしょうかね。



では、南京大虐殺があったという主張では、それを証明し
ている写真というのは、いずれも他で起きたという虐殺の
事件と同じ写真の使い回しです。

また、証拠として主張されている孤児の写真は、本当はも
う少し広く写っているものをカットしたものでして、カッ
トされた部分には、ニコニコしている中国人たちが写って
いるのです。

さらには、当時の人口が20万人の南京で30万人を虐殺する
のは不可能ですし、日本軍が南京を制圧してからは25万人
に増えているほどです。

これは、食料の配給制度が実施された記録として、中国の
公文書館に実在しております。

そしてそして、

南京大虐殺のことが中国側から東京裁判に提訴されたのは、
東京裁判の終盤近くでした。30万人もを虐殺した事件なら
第一級の戦争犯罪なはずですよね。

なぜ、真っ先に提訴され、審議されなかったのでしょうか。

日本側の弁護士が原爆による虐殺を持ち出そうとしたとき
に、まるで被害者の人数合わせのごとく急遽提訴されたの
が南京事件なのです。



以上のことから考えますと、南京大虐殺を証明する根拠は
何もなく、大量の虐殺がありながらも反対に人口が増えて
いる理由をちゃんと述べている肯定派の書籍はありません。

当時の南京には、中立9カ国のジャーナリストたちが滞在
していたのですが、いずれも母国の新聞記事にはこう書い
ております。
「日本軍が占領するまでは銃声や喧嘩が耐えなかったが、
占領されてからは静寂な夜を迎えるようになった」



そして、ダメ押しです。

当時の南京に母親が住んでいたという青年が、日本へマッ
サージ師として研修に来ておりました。

子竜はたまたま施術してもらうことになったのですが、親
の出身が南京市だというので、事件のことをそれとなく聞
いてみたのです。

「えっ、そんな事件があったのですか! 母からは何も聞
いていないし、もしも本当にあったなら、母が僕の日本行
きに反対したと思います」

当時、母親は10歳ほどだったといいますが、虐殺があった
なら、近所のひとたちがみんないなくなっり家族が連行さ
れたりして、大騒ぎになっていたはずです。



南京の市民すら知らない30万人もの大虐殺事件とは、いっ
たい何なのでしょうか。

中立国のジャーナリストたちすら報じていない事件とは、
何なのでしょうか。

まして、アパホテルは民間企業であって、経営者の考えが
反映されるのは当然です。

何が問題なのでしょうかね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:南京大虐殺
posted by 子竜 螢 at 13:42| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。