2017年01月26日

またもや捏造GDP

先日報じられた中国のGDPには、またもや捏造された
とほぼ断言できる数値が示されました。

昨年一年間の伸びは、6・7パーセントだったという。



捏造ではないかという根拠はいくらでもあるのですが、
大きなものだけ拾ってみても、あり得ないことがわかり
ます。

まず、集計に要した日数が早すぎますね。アメリカでも
二ヶ月はしっかり掛かるのに、わずか20日間というハイ
スピードな集計です。

信憑性を疑うのは当然でしょう。

次に、年間を通じたものと各四半期の伸びがすべて同じ
というのが絶対に解せません。

なぜなら、GDPは世界情勢によって大きく変化をすも
のだからです。原油の高騰・為替の変動など、常に一定
であるはずがありません。

まして、アメリカや日本の企業が撤退を加速されている
というのに、プラスの伸びだというのがそもそも怪しい。

現に、人民元安が続いておりまして、本当に国内景気が
良いのなら、人民元高に動くはずなのです。



こういう捏造は外資を呼び込もうとする詐欺行為ですね。

騙されて進出した日本企業も多くあるらしく、経済指標
をいくらでも操作してしまう共産主義というのは、元々
信用できないものなのです。

ある日本の経済研究所の調査によれば、マイナス3パーセ
ントが妥当だといいます。

あなたはどちらを信じますか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:中国のGDP
posted by 子竜 螢 at 21:04| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。