2017年01月29日

時給アップと副業解禁

サラリーマンが収入を増やそうとすると、今は投資しか
ありません。株式やFXなどですね。

しかし、証券会社に勤務している人は投資に参加できま
せんから、副業の解禁か自給のアップがやはり正当な道
でしょう。

投資は必ず儲かるわけでもありません。



現在の労働基準法では、仮に夜のアルバイトをしている
とすると、日中の分も合わせて超過勤務になるため、残
業手当て扱いの割増賃金が適用されることになっています。

まあ、実際には残業扱いにはなっていないでしょうし、
そこまで高給なバイトを雇うはずはありません。

しかし、立場によっては、副業解禁が利益に繋がること
もあるでしょう。

たとえば、昼間に働いている会社の経営者側は、社員が
他の業種の仕事も体験することで、人脈が増えたりする
かもしれませんし、意外な販売ルートの拡大につながる
かもしれないのです。

また、夜のバイトを受け入れている会社側としましては、
昼間も働いている勤勉な人のほうがいいらしく、とくに
現金を扱う職種では信用できるといいます。



最低時給が1500円くらいになれば副業しなくてもよさそ
うなものでしょう。

でも、1000円すら実現できそうにない今は、やはり副業
の解禁こそ本丸です。

失恋休暇さえ与える会社が出てきましたのに、いまだに
副業禁止を社則で謳っている企業は、そろそろ時代遅れ
と言われかねません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 20:02| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。