2017年02月19日

プレミアムフライデー

安倍政権が推し進めている働き方革命のひとつに、プレ
ミアムフライデーというものがあります。

通常なら午後5時が終業の会社で、金曜日のみ午後3時を
終業として、労働者の余暇を増やそうというものです。



まだ日中なのに仕事を終えた人は、いったい何をするだ
ろうかと考えたとき、経済効果がさほど期待できないし、
一部の業種にとっては死活問題になりそうだと感じます。

二時間速く仕事が終わることで、足を向けたくなるのは
フィットネスジムやエステかもしれません。

一方、週末だから賑わっていた繁華街の飲食店などは、
夕方から忙しくなってくれるのでしょうか。

それとも、午後3時開店は可能なのでしょうか。



どんな制度にせよ、変更すれば得をする人と損をする人
が必ず出てきます。全部が丸く収まるようにはなかなか
なりません。

そして、残務のために土日のサービス出勤になろうもの
なら、本末転倒の主旨にもなりかねませんね。



自由時間が増えること自体はいいのです。副業禁止が解
禁になれば、金曜日に稼ぐ人が増えて、経済効果もある
程度は期待できます。

しかし、労働者に都合の良いようにばかりにはなりません。
会社の経営が成り立つのか、という観点からもプレミアム
フライデーを見詰めてみなくてはならないでしょう。

パート労働者ですと、二時間分の収入が減ります。非正規
社員も同じです。

そういう人たちのほうが多くなりつつあるのですから、経
済効果としては、むしろマイナスかもしれません。



安倍政権に限らず歴代の内閣に対して思うことなのですが、
労働者の実態といいますか、働いている人たちの現場や現
状を知らなさ過ぎますね。

いや、厚生労働省の官僚さんたちも同じなのかもしれませ
んが、もう少し現実的な政策を打ち出してくれないものか
と期待しているのですが。。。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 12:57| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。