2017年02月22日

中国の不気味な沈黙

金正男氏が暗殺されてから、早くも一週間が経過しました。

その間、不思議なことに中国とアメリカの反応がほとんど
なくて、不気味な感じすら覚えますね。



もっとも、中国は北朝鮮からの石炭輸入を停止しました。
年間で19億ドルの貿易が停止されたのです。

しかし、これは核開発とミサイル実験に対する制裁措置と
も受け止められますから、中国が保護していた金正男氏の
暗殺事件とは無関係なのかもしれません。



ただし、沈黙を続けているには何か深い理由があるはずで
して、中国もアメリカも、おそらく具体的な北朝鮮潰しの
方法と、後継指導者の人選段階に入っているのかもしれま
せん。

だとするなら、どちらの案が先に実行されるかで、半島の
地図はガラリと変化するでしょう。

暗殺事件を批判したりせず、ふたつの大国が具体的なコメ
ントを避けているからには、その日は近いと思えます。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:金正男
posted by 子竜 螢 at 15:19| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。