2017年03月05日

慰安婦像は人権侵害と判断された

アメリカのアトランタにある人権センターの敷地内に設置
が計画されていた慰安婦像は、人権センター側から計画の
撤回を求められたという。

つまり、設置拒否を言い渡されたわけですが、その理由は
これまでの拒否例とはやや違った色彩を帯びております。



人権センターが設置拒否の理由として掲げているのは、像
の設置によって、当該の本人がいつまでも過去を忘れられ
ないからだといいます。

要するに、像の設置が反って辛い過去を思い出させ、人権
侵害にあたるのではないかというのです。



韓国の反日団体などが元慰安婦をダシにしておりますが、
当の本人たちが世界のいたるところに像を設置することに
ついて、賛成であろうはずがありません。

さすがに、人権センターというだけのことはありますね。

馬鹿な活動はもうやめてはどうでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:慰安婦像 少女像
posted by 子竜 螢 at 18:24| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本来であれば記念に残すのが像のはず、なのに中傷目的で乱立しているのですから、なんの意味処か余計に悪化していくイメージしか与えられて無いですからね。
とはいえ、簡単な事でも気づかなく、我が儘しか言えない者達ですから麻薬の如くに止めることは出来ないでしょう。
Posted by G.FUJINUMA at 2017年03月06日 18:45
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

反日だけを叫んでいればよい時代はとっくに終わっていることを気付いてほしいものですね。

国内では大統領への疑惑。外では中国からの経済制裁が始まっています。

もっと他へ目を向ようとは考えないのでしょうかね。
Posted by 子竜 螢 at 2017年03月06日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。