2017年03月20日

セルフレジ

最近は、るどこのスーパーへ買い物に行っても、セルフレジ
が半数ほどになってきました。

自分で品物のバーコードをセンサーにかざして、料金の支払
いまで機械を相手にやるのがセルフレジです。



人によって、便利と不便がわかれているようですね。ネット
上での意見を拾ってみますと、半々といったところでしょう。

子竜も一度だけセルフレジにチャレンジしてみたのですが、
慣れるまでは大変そうですね。凄く時間がかかりました。

時間がかかった理由は、生鮮食品、とりわけ個別売りの野菜
が多かったせいでして、バーコードではなく項目のボタンを
探すのがひと苦労でした。

いびつな感じの袋ものも、ピッと言わせるのに、ややコツが
必要でした。



ネット上でセルフレジを使わない人の意見を見てみますと、
お店によって仕様が違うので、統一されたなら使いたいとい
う意見が多いようです。

とはいえ、意外と高齢者の利用が多いです。なぜなら、少量
の買い物では断然早いので、待ち時間が少ないからでしょう。

セルフレジはまだまだ進化を遂げて、最終的には完全にロボッ
ト化されるかもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:セルフレジ
posted by 子竜 螢 at 21:14| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。