2017年03月25日

ローカルルール厳守が最良

世の中にはローカルルールというものが何重にも存在しま
すよね。法律や条令に加えて、社則や会則などがローカル
ルールにあたります。

国の法律で定められている細かな法律は知らずとも生きて
いけるのですが、ローカルルールに背きますと、生活面で
の支障がでてきます。



最近よく耳にするケースとして、社員の慰安旅行に不参加
の新人が増えていることですね。

慰安旅行があるというのは職場のローカルルールですので
参加しませんと、それ以後の人間関係に角が立ったりしま
す。

参加派強制なのかとか、特別出勤手当てはもらえるのか、
なんて聞くことは論外だろうと思います。

いや、そういう人にこそ参加してもらって、みんなと打ち
解けてほしいという狙いが無になってしまいます。



ローカルルールというのは誰かが勝手に決めたものではな
いですし、上に立つ人が強制しているのでもありません。

人が二人以上集まれば団体なのですから、自然と決まり事
のようなものが生まれるものなのです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 22:02| Comment(2) | 暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今の時代、心をどう開かせるかが難しいんですよね。腹を割って話すという言葉があまり聞かなくもなりました。いい塩梅という難しさがよく解ります。
Posted by G.FUJINUMA at 2017年03月26日 11:42
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

正しい塩加減を見つけるには、まず先人たちが定めたローカルルールに乗ってみることでしょうね。

最初から拒否していたのでは、何も見えないと思います。
Posted by 子竜 螢 at 2017年03月26日 22:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。