2017年04月28日

プレ金とGW

今日は三回目のプレミアムフライデーでした。無事に午後
三時の退社となったでしょうか。

いやいや、月末の、しかもゴールデンウィーク前ですから
むしろ片付けておきたい仕事がいろいろあって、帰宅が深
夜に及ぶという人は少なくないといいます。



とくに、会社の経理担当の人は、月末に月度の締め切りを
しなくてはならないのですから、普段でも誰よりも遅い退
社になっているはずなのです。

まあ、誰が考えたプレミアムフライデーかは知りませんが、
仕事の現場を知らない人なのでしょうね。



ところで、明日からのゴールデンウィークは、最大9日間
になりますが、こちらでもそんなに休めないという人は多
いだろうと思います。

とくに、サービス業に従事している人は、ゴールデンウィ
ークなんてなくなってくれればいいとさえ思っていること
でしょう。

それほどに忙しい期間なのに、時給が普段と同じだから、
グチのひとつも出ようというものでしょう。



働く人たちの現場を知らない社長があれこれと口を出す会
社の業績が伸びないのと同様に、働き方を役人があれこれ
と口を出すべきではありません。

すべてはそれぞれの会社や職場の単位で決めることです。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 21:02| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。