2017年05月03日

改憲派にもいろいろある

憲法記念日を迎えました。各地で改憲派護憲派ともに集会
が開かれるもようでして、テレビでも討論番組がいくつか
組まれているようです。

日本国憲法で国民の意見が割れているのは、やはり第九条
でしょうか。国会にて本気の改憲議論などされたことがな
いだけに、安倍総理の挙動が注目されております。



しかし、奇妙に感じるのは、自衛隊を違憲だという人が、
なぜか護憲派だという事実ですね。

現行の憲法の条文では、自営のための軍隊ならほじしても
いいと解釈できるので、自衛隊の存在そのものを違憲とし
たいなら、いかなる目的での軍隊も保持しない、と改憲し
なくてはならないのです。

旧社会党は、自衛隊を違憲としながらも護憲という矛盾を
抱えておりましたから、今の現状があるのではないでしょ
うか。



さらには、アメリカが定めた憲法だと反発している政党が
やはり第九条の改憲だけは阻止しようとしている事実です。

こうした矛盾を大きな声で叫んでいる限り、政党の支持率
が上がることはないでしょう。

また、北朝鮮や中国の軍事力が強まっている今、自衛隊の
存在を否定するなどとは、ちょっと理解できませんね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:日本国憲法
posted by 子竜 螢 at 23:27| Comment(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。