2017年05月06日

どうなる韓国大統領選挙

韓国の大統領選挙が数日後に控えております。

朝鮮半島の緊迫が増すのか減るのか、この選挙にて方向
性が決まると予想されているだけに、日本としても無関
係ではいられません。



今回の大統領選挙が特異なのは、立候補者の6割までが
前科者だという事実です。

中には前科三犯という人物もいるようでして、日本では
考えられない現象でもあります。



今のところ最も有力な候補は文在寅氏で、この人物は今
の状況をまるで無視するかのごとく、今更ながら北朝鮮
との融和と対話を目指しています。

そして、日韓で合意した慰安婦問題を白紙にすると公約
しておりますので、日本としてはもっとも厄介な人物が
当選するかもしれません。

また、掲げている公約の多くはアメリカの機嫌を損ねそ
うなものばかりですので、どのような結果になるので
しょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:韓国大統領
posted by 子竜 螢 at 23:18| Comment(2) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
問題なのは再交渉を公約にしてたり親北政権になるのがほぼ決まってると言うことでしょう。
日米韓中北朝鮮でこの状況を最も求めてるのが北朝鮮ですから、実質的に北朝鮮の勝利と言うことかもしれませんね。
最近の外交混乱の多くは韓国の外交の失敗が多く韓国自体の発言力が低下してると思いますので、今後は勧告が交渉先に呼ばれることはないのでは思いますね。
Posted by König at 2017年05月07日 03:14
Königさん、ありがとうございます。

北朝鮮に比べて韓国は充分に豊かになりましたから、併合を考えて再び戦乱を迎えるのがいやになったのでしょう。

それが、各候補への支持率となって現われている気がします。
Posted by 子竜 螢 at 2017年05月07日 19:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。