2017年05月25日

嫌韓が著しいトップ3

冬のソナタなどのテレビドラマや人気アーチストが日本に
押し寄せていた韓流ブームは、いつの間にか下火になって
しまいましたね。

韓流ドラマを相変わらず流し続けている放送局はあります
が、竹島の問題などから発生した反日運動のため、日本で
も嫌韓の風潮となってまいりました。



韓国の峨山政策研究院というシンクタンクがまとめたアン
ケート結果の発表によりますと、日本の嫌韓度は世界で第
三位だそうです。

二位は、THAADの配備から関係がおかしくなってきた中国
でして、お互いの観光客のマナーの悪さも手伝いまして、
互いに嫌っているようです。



では、第一位はどこかといいますと、意外にも北朝鮮なの
です。

韓国の人々が北朝鮮の国民を同胞として考えているのとは
反対に、思想の統制や情報の遮断からか、韓国嫌いの人が
多いといいます。

で、北朝鮮の人は日本をどう見ているのかというと、さほ
ど嫌っている様子ではなく、むしろ、アメリカとの関係修
復の仲介をしてくれそうな国として、見られているようで
すね。



ともあれ、周囲すべての国から嫌われているのがハッキリ
とした韓国は、この後、どのような外交政策で臨むので
しょうか。

新任の文在寅大統領の手腕が問われます。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:嫌韓
posted by 子竜 螢 at 15:12| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。