2017年06月08日

北朝鮮の地対艦ミサイル

北朝鮮が、地対艦ミサイルの発射実験を行ないました。

これは明らかにアメリカの空母ロナルド・レーガンな
どを意識した発射なのですが、兵器運用の思想があま
りにも幼稚なので、日本の政府も今回ばかりは抗議声
明をしないようですね。



艦船のように動く目標を正確に捉えるミサイルという
ものは、相当に高度な技術が必要です。

風向きや風邪の強さ、目標艦船の未来位置予測など、
かなりの精密なシステムに加えて、命中するまで誘導
する衛星GPSが不可欠なのです。



しかも、ミサイルというのは砲弾とは違いますから、
艦内にまで侵入して炸裂するのではなく、あくまでも
表面への被害を与えるものです。

巡洋艦や空母クラスになりますとそれなりの装甲を備
えていますので、ミサイル攻撃だけでは致命的な損傷
とはなり得ません。

せいぜい火災が生じる程度でしょうし、目標に命中さ
せること自体が至難の業なのです。



先日の記事でも述べましたが、北朝鮮の大きな勘違い
は、攻撃能力の増大しか考えていないところです。

ミサイルの発射基地は、一度発射すれば場所が特定さ
れてしまって、壊滅的な空爆を受けて二度と使えなく
なります。

また、ミサイルを国内で大量生産できるとも思えませ
んし、燃料の備蓄もそれほどあるとは思えません。

そろそろ無駄なものに費やすのをやめたらどうですかね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:北朝鮮
posted by 子竜 螢 at 20:49| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。