2017年06月29日

ヤバいアプリ

ろくでなし、という言葉があります。江戸時代の庶民は質屋
というものを利用して金銭のやりくりをしていましたので、
質は七という陰語に置き換えられていました。

七なら金銭的な価値はあるが、その一段下の六ですらないの
がろくでなしです。



最近、CASHというスマホアプリが密かなブームとか。

ダウンロードして金銭価値のあるものを撮影すると、電話番
号人称の後に最高2万円まで振り込まれるというものです。



もちろん質屋なので、二ヵ月後に2万3000円を返済するか、
撮影した物品を差し出さなくてはなりません。

こうしたことがいとも簡単にできてしまうようになりますと
金銭感覚がおかしくなりそうです。

まあ、その物品をネットオークションに出品するのとどちら
が高額になるだろうか、という比較の問題でもあるのかもし
れませんが、手間からすればCASHのほうが楽でしょう。



かといって、推奨しているわけではありませんからね。

あくまでも借金であることを忘れてはいけませんよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:質屋
posted by 子竜 螢 at 13:51| Comment(0) | 社会問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。