2017年07月13日

富山県出身者は閉鎖的なのか

富山県出身者は閉鎖的な考えの人が多いので、今後の採用
を控える、とつい先日まで富山市に本社を置いていた精密
機械メーカーの会長が談じました。

当然、ネット上では批判の嵐です。今まで会社の業績を伸
ばして支えてきたのは、8割いる地元の人たちですからね。



子竜も富山県人ですが、閉鎖的な考えは持っておりません
し、友人や知人にも当てはまりません。

いいえ、富山県出身者だからといって、人物本位で採用し
ないことこそ、閉鎖的な考えだと思いますけどね。



その会社の人事担当は、釈明に大変らしく、出身地による
差別はいたしません、と対応に大変だとか。

先日、本社だけを東京へ移したというニュースがあったば
かりだったのですが、富山県人への感謝を忘れてしまった
のですかね。

閉鎖的なのではなくて、長く雪深い冬と猛暑の夏とを耐え
抜く忍耐力と努力の人が富山県人だと申し添えておきます。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:不二越
posted by 子竜 螢 at 18:16| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。