2017年07月28日

外務と防衛の兼任は論外

稲田防衛大臣が辞任いたしました。後任には岸田外務大臣
が兼任となるようです。

しかし、外務大臣と防衛大臣の兼任とは、もっとも忌避す
べき組み合わせではないでしょうか。



戦争とは外交の延長線上にあるものなのですから、一人が
兼任していることで、相手国からは恫喝外交と受け取られ
かねません。

また、歴史上このような組み合わせの大臣というのは存在
したことがなく、もっとも最悪な人事でしょう。



もちろん、8月3日にはすぐに内閣改造があることは承知し
ております。

とはいえ、近隣諸国からまたぞろ軍国主義の復活かと騒が
れかねない人事は慎むべきでしょう。

安倍総理も相当に疲れているようですね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:防衛大臣
posted by 子竜 螢 at 23:52| Comment(2) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メディアのフェイクニュースも以上に多くなり、更には議員の不祥事と頭の痛くなる想いですね。
人選もこれから余計に難しくなり、菅官房長官や麻生氏に高市総務相のような人物はあまり目立って居ません。
後任探し、育成も今後の課題でしょう。
Posted by G.FUJINUMA at 2017年07月29日 20:57
G.FUJINUMAさん、ありがとうございます。

自民党って、数は多いけれど人材がいないことがなんとなく浮かんできましたね。

いつの政権のときも、汚職や失言や不倫など、途中辞任する大臣が出現するようでは困りますよ。

それが政治家の本性だなんて、言われないようになってほしいものです。
Posted by 子竜 螢 at 2017年07月30日 04:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。