2017年08月04日

起死回生案は消費税の廃止

安倍政権への支持率が調査方法や媒体によって異なりま
すが、大きく下落しているのは確かです。

そして、せっかくの内閣改造もそれほど評価されている
ようには感じられませんね。



しかし、そういう安倍政権にとって、起死回生策がない
わけではありません。

それは、消費税の撤廃です。



消費税を5パーセントから10パーセントへの増税を言い
出したのは、民主党政権時代の菅直人総理です。

野田政権が引き継いで、安倍内閣で実行するに至ったわ
けですが、実際には安倍総理も一度は増税を延期しまし
た。

が、どうしても実施に踏み切ったのは、財務省からの圧
力だったと思われます。

本音では増税したくなかったと思われる理由は、アベノ
ミクスと正反対の政策だからです。



今となっては、5パーセントに戻すだけでは足りません。
浮いた3パーセント分が貯蓄に回るだけだからです。

なので、一度リセットする意味でも、消費税を撤廃して
ぜいたく品のみに課税される物品税を復活させれば、内
閣の支持率は以前にも増した強固なものとなるでしょう。

このままではどうせジリ貧なのですから、財務官僚たち
から睨まれても、思い切ったことをやってはどうでしょ
うかね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:消費税 物品税
posted by 子竜 螢 at 20:25| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。