2017年09月01日

民進党代表に前原氏

民進党の新代表に前原氏が選ばれました。議員票と党員票
ともに枝野氏の票を量がしての当選です。

しかし、かつては政権を担当したとは思えないほどの凋落
ぶりは、両候補の選挙公約が物語っておりました。



すなわち、民進党として何をやっていくのか、ではなくて
どこの勢力と連携していくのかが争点になっていた時点で
アウトではなかったでしょうか。

独自の政策のない政党に、国民は投票しません。

小池新党と連携してそちらの政策にお任せするというスタ
イルであるなら、国民は小池新党に投票したほうがいいと
考えるでしょう。



ともあれ、前原氏には野党第一党としての地位を固めた上
で、自民党との政策論議をしていただきたいと思います。

スキャンダルあばきではなくて、政策論議です。

そして、党を左右に割るのも辞さずという構えで、今後の
方針を貫いていただきたいと思います。

極端な左右の混在は、早晩淘汰される運命でしょう。

左右が混在したわけのわからん政党に投票する国民などい
ない、ということを理解しているならいいのですけどね。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:民進党
posted by 子竜 螢 at 23:59| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。