2017年09月21日

バイナリーオプション

バイナリーオプションというものをご存じでしょうか。

FXに似た投資ではありますが、最短で30秒とか1分で
勝敗が決まり配当を受け取れることから、ギャンブル性
の強い投資案件です。



結論として申し上げたいことは、

絶対にやらないでください。最終的には必ず負ける仕組
みになっているからです。

バイナリーオプションを簡単に説明しますと、

金額を決めてエントリーしますと、それからたとえば1分
後のドルが上がっているか下がっているかを予想するも
のです。

確率は常に5割なのですが、当たったときに配当される
のは8割前後。ハズレは掛け金が没収されるので、56パー
セントくらいの勝率が最低ラインになります。



それでも、なんとか利益が出せそうに感じてしまうとこ
ろが危険でして、勝率を上げるためのツールも数多く販
売されておりますが、バイナリーオプションには致命的
な危険性がいくつか存在しているのです。

まず、根本的には、株式などとは違って、ユーザーの利
益が証券会社の損失になるという点ですね。

勝負の相手は証券会社だという点で、パチンコと同じよ
うなギャンブルなのです。



証券会社は、最初は顧客を誘引するために、甘い取引ルー
ルを提示するのですが、赤字になるといとも簡単にルール
を変更してしまうのです。

たとえば、1分後の値が同じだった場合、以前は掛け金が
戻ってきてノーカウントだったのですが、今ではほとんど
が負け判定で没収されます。

つまり、証券会社の経営状態によって、勝手にルール変更
されるので、顧客は絶対に勝てません。



また、悪質な業者も数多く存在しておりまして、口座開設
時に多額のボーナスを付与して、ボーナス額の何十倍もの
取引をしないと元金すら出金できないところもあります。

そういうルールとて、証券会社が勝手にいつでも変更でき
るのですから、たとえ利益を出していても、実際に出金で
きるまでは安心ではないのです。

そしてなにより、ほとんどの会社が海外企業なので、訴訟
をするのも簡単ではありません。

ゴールポストを動かしてしまう、どこかの国に似ていませ
んか。

そうです。その国の人が経営している会社が多いので、要
注意なんですよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

posted by 子竜 螢 at 23:36| Comment(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。