2017年10月27日

希望の党のこれから

自民党の一強独裁政権もイヤだが、リベラル政権になる
のも懲り懲り、という人は多かったろうと思います。

で、反自民票の受け皿として希望の党がクローズアップ
されていたのですが、小池党首の排除宣言にて急速に失
墜してしまいました。



しかし、排除宣言が敗因だと報じるマスコミには同意で
きませんね。なぜなら、直接の敗因ではないからです。

要は、機関がなくて準備不足だったのです。

準備不足だったからこそ、希望オリジナルの候補者たち
が当選できず、民進党の連中ばかりが当選しました。

そして、会派としての議席を確保するために、小池氏は
準備不足を補うために、民進党と手を組むしかなかった
のでしょう。

敗因は、希望側の準備が整わないうちに解散した安倍総
理の戦略なのです。



とはいえ、排除をせずに無制限に民進党議員を受け入れ
ては、国民の多くが懲りている旧民主党の復活になって
しまいます。

言葉は選ぶべきだったかもしれませんが、国民がなぜ排
除を嫌悪したのか、不思議でなりません。

その後に立憲民主党が立ち上がりましたが、排除発言こ
そが、あの忌まわしい旧民主党を解体に向かわせたので
すが、なぜ支持されなかったのでしょうかね。



しかし、希望の党はまだまだ可能性を秘めております。

今後もう少し左寄りの議員を整理して、オリジナルの候
補者が育ってくれれば、反自民の票を集め得る政党にな
ると思われます。

小池党首はオリンピックまで都知事を辞めず、国政に戻
るのはそれ以降でしょうけれど、そのあたりの時期を本
当の勝負どころと捉えているなら、将来の展望は暗いも
のではなさそうです。

ともあれ、民進党が左右に別れ、老害な方たちが無所属
という構図を作ってくれた功績は大きいと思いますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:希望の党
posted by 子竜 螢 at 19:23| Comment(0) | 政治 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。