2017年11月11日

CPTTP

TTPに調印している11カ国が、大筋で合意したと伝え
られましたね。

アメリカが抜けてから自然消滅かと思われていたのです
が、その他の国は前向きに考え続けていたようです。



カナダが反対したために首脳レベルでの会合が延期され
たり、知的分野での20項目が効力停止のままとなっては
おりますが、その他の分野では大筋合意に至ったようで
すね。

アメリカが抜けた痕の枠組みは、先進的環太平洋連携と
称されまして、略語はCPTTPとされることになりま
した。



とはいえ、先進国にとってはもっとも重要な知的財産分
野が未確定のままです。

著作権や特許権の早期喪失を願う途上国との間ですんな
りと妥協できるとは思えないだけに、まだまだ波乱があ
るかもしれません。

また、大筋合意した内容を見て、アメリカが再加入する
かどうかも微妙なところでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:TTP
posted by 子竜 螢 at 23:18| Comment(0) | 国際問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。