2017年11月13日

タバコ税の引き上げ

来年度以降の税制改革案の中に、またまたタバコ税の
引き上げが含まれております。

今回は、3年かけて一本あたり3・5円程度引き上げよ
うというものなのですが、ひと箱70円の値上げだと勘
違いしてはなりません。



数年前にも税金分としての引き上げは同じくらいでし
たが、日本たばこ産業が150円前後の値上げをしたの
です。

つまり、今回の税制改革で便乗値上げが実施されます
と、おそらく500円を超える価格になるかと思われる
のです。



それでなくとも喫煙者は肩身の狭い思いをしているの
ですが、非喫煙者の多くはなぜか勘違いをして、値上
げには賛成する向きらしいですね。

喫煙する人が減ることを喜ぶ気持ちはわかりますが、
最終的には非喫煙者にも課税されることを理解してい
ないのでしょう。

現在、タバコによる税収は年間およそ2兆円です。

ほとんどの人が禁煙しますと、その穴埋めとして、一
世帯平均にしますと年間8万円が何かの形で課税される
ことになるのです。

一方、喫煙者だった人の税負担は数分の一になります。

それをなんとなく把握しているからか、非喫煙者から
は、身体に悪いタバコを販売禁止にしろという声が聞
かれません。



とにかく、大幅に値上げが実施されるたびに喫煙者の
数は激減してきました。

喫煙者がいなくなりますと医療費は減りますが、長生
きをするようになる分だけ、年金の支給額は増えます。

さて、あなたはタバコ税の引き上げに賛成でしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:タバコ税
posted by 子竜 螢 at 23:18| Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。