2017年11月14日

最近のネット詐欺

最近になって、有名企業から料金や代金の請求が届くよう
になりました。

でも、身に覚えがないので調べて見ますと、架空請求詐欺
だったのです。



多くの人が被害に遭わないよう主なものをお伝えしますと、
Amazon.comを名乗るメールと、楽天カード株式会社と名乗
るメールです。

一見しただけでは騙されそうになる名称なのですが、正式な
名称とは微妙に違います。

架空請求の中身としては、

アマゾンの場合には、動画配信の料金だったり商品の受注の
メールでして、いずれもアマゾンギフトで支払うよう促され
ます。

一方、楽天カードのほうは、クレジット代金の引き落としの
連絡でして、期日を延ばしたい人や身に覚えのない人には連
絡するよう求めています。

が、こういう名称の会社は存在しませんので、連絡したら最
期ですね。



架空請求だと感じたなら、何もしないで放置するのがベスト。

ただし、裁判所から訴状が届いたときには、対処しないと裁
判に負けて債務が確定してしまいますので、放置してはいけ
ません。



ともかく、身に覚えのないことには何もしないこと。家族の
誰かが、なんてことも考えないこと。

詐欺の手口は年々巧妙になっていますので、要注意です。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:架空請求詐欺
posted by 子竜 螢 at 09:31| Comment(0) | インターネット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。