2017年11月20日

横綱の暴行事件

ワイドショーは、横綱日馬富士による暴行問題ばかり
ですね。

証言が食い違ったりなどの謎が多いと、絶好のワイド
ショーネタになるようです。



しかし、恐いのは、正当な判断をした人物が悪者にさ
れてしまう流れを作ってしまう点です。

被害者貴乃岩の親方が警察に被害届をだしたことが、
あたかも悪いことでもしたように報じられていますね。

先に相撲協会へ事件のことを届けるべきであった、と。

なぜ? 事件を世間に知られないようにするため?



事件のもみ消しという風潮が、パワハラを助長してい
るのだ、とどうして考えられないのでしょうか。

もみ消しによって維持されている日本相撲協会という
公益法人がこのままでいいとでもいうのでしょうか。

ちなみに、事件のことを中継中に少しも触れないNH
Kにも違和感を覚えます。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:日馬富士
posted by 子竜 螢 at 23:16| Comment(0) | ニュース 事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。