2017年11月22日

消費増税は延期されないらしい

野党の代表質問に安倍総理が答弁したところによりますと、
次回の消費増税は中止も延期もされずに、そのまま10パー
セントへと増税するという。

ただし、使い道は子育て支援などの社会福祉費用に充てる
とのことでして、なにやら矛盾した意見のように思えます。



なぜ矛盾を感じるかといいますと、一方で生まれたばかり
の赤ちゃんに必要な生活雑貨から高齢者の生活必需品にま
で増税しておきながら、増税分を配るなんていうのがおか
しいと感じるからです。

経済弱者への救済を真剣に考えるなら、増税ではなく廃止
でしょう。

税収をある程度確保したいなら、ぜいたく品に課税してい
た物品税を復活させたり、相続税率をアップさせればいい。

これまで、消費増税した後に税収がアップしたことはなかっ
たかと思いますよ。



何度も言いますが、増税して政策の費用に充てるというの
なら、誰にだってできます。特別に優秀な人が政治家にな
らなくてもできますよね。

そうではなくて、真に優秀な政治家ならば、増税しない政
策の実行方法を考えてほしい。

まず第一は、無駄の撤廃です。

国会議員数を減らしましょう。全員ボランティアでもいい。
たしか、三党合意をしたときには、身を切る改革が条件だっ
たかと思いますよ。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:消費税
posted by 子竜 螢 at 23:11| Comment(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。