2017年11月24日

AI失業が始まった

日本最大のメガバンクが、およそ3年間で6000人ほど
のリストラをすると発表しました。

AIという人工頭脳の導入が理由とのことです。

これがいわゆるAI失業の始まりなのかもしれません。



囲碁や将棋のプロが負けるほどにまで成長したAIは、
基本的には寿命というものがありませんので、限りな
く成長を続けます。

その結果、とくにホワイトカラーの業種や分野で人間
の仕事を奪ってしまうことは、ずっと以前から予想さ
れておりました。



一方、ブルーカラーの分野や業種では、一部の作業こ
そAIに託せるものの、多くの作業は力仕事であった
りしますから、AIに独占されることはまずありませ
ん。

人間の経験がものを言う仕事ですし、不測の事態に対
処できるのは、やはり人間の偉大さでしょう。



ただし、高額な導入費用が必要と思われるAIが民間
企業に普及するかといえば、現時点では考えにくいで
すね。

なので、数年以内には、まず公務員の採用枠が減らさ
れる方向へ動くのではないでしょうか。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:人工頭脳
posted by 子竜 螢 at 12:05| Comment(0) | 先端技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。