2017年12月26日

「いずも」型を空母に改装

イージス艦「いずも」型が正式な空母に改造されるかも
しれません。

もともと空母のような外観でして、対潜水艦用のヘリ空
母として運用されておりました。



北朝鮮、そして中国からの軍事脅威が高まるにつれ、防
衛省では巡航ミサイルの導入に続いて空母の保持の検討
段階に入りました。

「いずも」型空母はほかに「かが」が就役しておりまし
て、現時点でもF35Bというステルス戦闘機の搭載が可
能な設計になっております。

といいますか、飛行甲板とその下にある格納庫とを結ぶ
エレベーターの大きさが、前もってF35Bの大きさに合
わせてあったのです。

F35Bは海兵隊の仕様でして、垂直発進が可能なステル
ス戦闘機です。



「いずも」型の改装は、主に飛行甲板の耐熱性アップです。

F35Bが発進時に出す高熱に耐えられる改装工事が必要
でして、早ければ二年後には日本も空母二隻を保有する
ことになりますね。



ただし、問題なのは憲法との整合性でしょうか。

しかし、日本人はとかく本土のみの防衛しか意識をしな
い傾向にありますが、南西諸島や離島の防衛には空母が
欠かせません。

また、本土の防衛にても、航空基地の滑走路がミサイル
攻撃によって一時的に使用できなくなった場合に備えて
おくのは悪い話ではありません。

日本国憲法の精神とは日本から戦争を仕掛けないという
ものであって、報復攻撃能力までをも奪っているもので
はないでしょう。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



posted by 子竜 螢 at 16:55| Comment(0) | 軍事防衛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。