2018年01月03日

銀行口座に維持費導入か

3大メガバンクと呼ばれている日本の銀行に、なにやら
異変が起きているようです。

AIの普及を見越して行員を大量に減らす計画を発表し
たかと思うと、次は口座の管理費を徴収しようとしてい
ます。



口座の管理費自体は、世界的にみますと珍しいものでは
ありません。管理費がない先進国は日本だけなのです。

管理費とはどんなものかといいますと、口座を持ってい
るだけで月額数百円が残高から自動的に引き落とされる
仕組みのことで、銀行側の収益になります。

万一、残高がゼロもしくはマイナスになった時点で、そ
の口座は自動解約されてしまうので、残高が数百円の口
座があちこちにあって出し入れがまったくない口座を、
事務量が膨大なものにならないうちに処分するのが狙い
かと思われます。

すなわち、休眠口座の撲滅ですね。



ただし、大口預金者からは管理費を徴収しないという意
見もあるらしく、導入はまだ先になそうです。

とはいえ、1000万円預金しても年利が100円程度なのに
1万円近くの管理費が生じるのですから、証券会社へシフ
トするか、地方銀行へ預け直ししようとする動きが活発
化するでしょうね。

いや、マイナンバー制度導入の影響からも、自宅の金庫
で保管という人が増えるのかも。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html



ラベル:預金口座
posted by 子竜 螢 at 14:19| Comment(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。