2018年01月11日

AI失業が現実に

安倍総理が述べるまでもなく、人工頭脳と呼ばれるAIが
普及し始めたことによって、労働環境には異変が起きつつ
あります。

昨年にはメガバンクが人員整理を打ち出しましたし、その
余波が保険業界にまで及んでいます。



AIの導入が当たり前になってきますと、数年以内にはま
ず公務員の数が減らされるでしょうね。

国と自治体の赤字を解消するためには、人件費を削減する
しかないところまできています。

ただし、公務員は無条件で解雇できませんので、AIを扱
える新人のみの採用になるのではないでしょうか。

とにかく、デスクワークが中心の人が多い職場というのは、
AIに取って代わられるリスクが大きいでしょう。



一方、AIでは対応できないスキルの保持者などは、反対
に引く手あまたとなりそうです。

今年は、働き方改革の元年になるかもしれません。


プロの小説家を目指すなら、文学賞突破マニュアルしかありません。
http://shiryukei.com/toppa.index.html

ラベル:AI
posted by 子竜 螢 at 16:25| Comment(0) | 社会現象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。